SEO(検索エンジン最適化)

Googleなどの検索エンジンでキーワード検索した時、どのようにして自社のホームページを検索結果上位表示させるか?この工夫技術をSEO(Search Engine Optimization、サーチエンジン最適化)といいます。。

SEOの重要性

SEOが出来ていないホームページは検索エンジンに全くヒットしない場合や、ヒットしても何ページも下位でヒットする場合などは、ほとんどインターネットユーザーの目には止まらないでしょう。
多くのインターネットユーザーに閲覧してもらう為には、ホームページのSEOは重要な工夫技術と言えます。

 

アクセスアップには上位表示が不可欠

多くのインターネットユーザーは自分が知りたい情報をキーワードやキーフレーズにして検索エンジンで検索して情報を探し出します。検索結果は、「キーワードやキーフレーズと関連性が高い」ホームページが上位表示されますが、世の中にいくつもある競合するホームページの中で上位表示させることはとても難しい事です。
自社のホームページをより多くの人に見てもらい、経営に貢献するホームページにするためには、ネットユーザーが検索エンジンでキーワード検索した結果の上位表示が不可欠で、これを実現するためにはキーワードに適したホームページを作る事、すなわち検索エンジン最適化が重要です。

検索エンジン最適化の秘訣

ウェブサービス「いちまる」は検索エンジン最適化をホームページ制作の標準作業としていますのでSEOとしての特別な費用は発生しません(コンテンツの量が極端に少ない場合は標準のSEOが出来ない場合があります)。

クライアントの皆様に5つのアドバイス

  1. 「キーワードを作る」・・・自社のホームページを見てもらう為に、検索エンジンで上位ヒットさせたいキーワード(インタネットユーザーが検索エンジンで検索する時に使って欲しい言葉)をしっかりと考え、キーワードを適切に文章におり込みましょう。
  2. 「情報はたっぷりと」・・・テキストコンテンツをたっぷりと掲載しましょう。会社の沿革やセキュリティポリシーなど、公開が可能な情報はもらすことなく掲載しましょう。画像だけでは情報にはなりません。
  3. 「言葉を省略しない」・・・文面は言葉を省略しないで、だれでも同じ意味に理解できる親切な文章にしましょう。省略した場合、読む人毎に誤解を招く可能性があると共にSEO対策に不利になります。特に専門用語や業界用語などは一般の方に理解出来る様、注釈を記載する事も必要です。
  4. 「検索される事を想定する」・・・Googleなどで検索される時に期待するキーワードを正確に文中に埋め込みましょう。当然テキストが完全に一致しなければなりません。例えばホームページ「制作」「作成」「製作」など同じ様な意味で、違う言葉を使われる事も想定しなければなりません。
  5. 「ターゲットを明確に」・・・地域や年齢層・性別などターゲットを明確にして、検索時にターゲットユーザーが使うと想定される言葉を用いて文章を作成しましょう。

この様な事を念頭にコンテンツを準備することが、検索エンジンに評価してもらいヒット順位を上げ、多くのインターネットユーザー見てもらう秘訣です。